--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月25日

●アメックス年会費無料キャンペーン

アメックス年会費無料キャンペーン

アメックスでは、期間限定「新会員ご紹介キャンペーン」を実施しています。

2007年4月30日申し込み期限(当日消印有効)ですので、知り合いにアメックスプラチナ会員がいらっしゃる方がいましたら、ぜひとも紹介していただいてください。

「新会員ご紹介キャンペーン」のキャンペーンの内容は以下のとおりです。

アメックスカード会員(紹介する方)
・1名入会するごとにメンバーシッププラスポイントが5,000ポイントもらえます。


アメックスに入会申込みした方
・初年度年会費無料(本人・家族会員も)

話は変わりますが、先週羽田空港を使いました。

ANAプラチナサービスアップグレード券が6,000円分余ったので、ANA FIESTA(ANAのお店)に、使いに行ったのです。
アメックスの勧誘のお姉さんに、羽田空港で声をかけてもらったことがないのですが、今回は自分から声をかけてしまい、僕がなぜ声をかけられないのか、聞いてしまいました。

お姉さんからは、「旅行をするスタイルではない」といわれましたが、少し腑に落ちませんでした。

どなたか知っている方いませんか!

スポンサーサイト
2007年03月17日

●アメックスプラチナの新サービス

今年に入ってから、Yahooでのアメックスマニアブログ検索順位の結果が安定しています。

この数日では、「アメックス」と検索した場合の、検索順位がおおむね7位をキープしています。

アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト、Wikipedia、Yahoo登録サイトがあるなかで、われながら感心しています。

ブログやホームページで、ターゲットワードからの検索エンジンからの誘導を、一般的にはSEO(Search Engine Optimize)といいますが、実はアメックスマニアブログは、アメックスというワードに対しても、あまりSEO対策をしていません。

姉妹サイトのアメックスの達人は、ある程度のSEO対策を取っているので、Googleでの「アメックス」と検索した場合の、検索順位が現在11位で安定しています。

前置きが長くなりましたが、最近のアメックスの動向から、一点。

アメックスのプラチナの会費が改定されました。

それに伴って、プライオリティ・パス(Priority Pass)が、家族カード分も含めて、無料にて入会できるようになりました。

現在のところ、 《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード にプライオリティ・パス(Priority Pass)が付属しているのですが、アメックス・プラチナ経由にて、プライオリティ・パス(Priority Pass)会員になれる様になりました。


ご存知のとおりアメックス・プラチナはインビテーション制を取っているので、プライオリティ・パス(Priority Pass)の取得には、《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード が一番いいですね。

アメックスのブラックカードに関心がある方には、こんなサイトもあります。

アメックスブラックカード完全取得2007年版(ブラックカード取得法+プラチナ取得法+特典)

僕もアメックスのブラックカードが欲しいのですが、やはりアメックスのブラックカード年会費が払えそうにないので、あきらめています。

2007年03月03日

●アメックスと三菱東京UFJ銀行との提携

アメックスと三菱東京UFJ銀行との間で、クレジットカードの提携がはじまります。

提携の背景には、

国内に幅広い優良な顧客基盤を持つ三菱東京UFJ銀行と、
高水準のサービス提供力を誇り世界屈指のクレジットカード会社であるアメックスが、

それぞれの持つ強みをひとつに結びつけることを目的としているようです。

三菱東京UFJ銀行は、団塊世代を中心としたシニア会員制組織「Quality Life Club(クオリティ・ライフ・クラブ)」の会員を中心に、アメックスが発行するアメックス・ゴールド・カードを三菱東京UFJ銀行とアメリカン・エキスプレスとのパートナー・カードとして発行します。

アメックスプラチナ・カードの発行もあるそうです。


カードの募集の案内は、2007年3月1日から順次開始とプレスリリースされていますが、三菱東京UFJ銀行・アメックスの両公式ホームページには、詳細は見当たりませんでした。

メガバンクとアメックス自体の業務提携には関心がありますが、メインカードがアメックス・ゴールドであり、アメックス・プラチナは発行するも発行時期未定のようですので、あまり目新しいカードサービスはないようです。

せっかくアメックスとの提携ですから、今までのアメックスにはない高級カードラインを発行するとか、もう一工夫あればもう少し大きなニュースになったと思います。

外資系の最先端企業と護送船団方式の邦銀の提携は意思決定の点で難しいのでしょうか。

揺るぎない安心とステータス。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。