--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月07日

●セゾン・プラチナ・アメックス

6月19日(月)曜日に
↓↓↓から、

【セゾン】プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・プラチナ・アメックスを申し込みました。

翌々日、自宅・勤務先に確認の電話があり、同日(6月20日)、入会が完了した旨メールで連絡をいただきました。

そして、今日(6月24日)、【セゾン】プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードカードとご利用案内が別々に送付されました。

ご利用案内は、American Express Premium Privileges(アメリカン・エキスプレス・プレミア・特権)という冊子と普通郵便にて、セゾン・プラチナ・アメックスカードは、受け取り時に本人確認が必要な郵便(本人限定受取郵便)で、厳重に送付されました。

確か、本家アメックス・プラチナカードは、普通郵便にて送付された記憶があります。

とりあえず、一番関心がある、【セゾン】プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで使える空港ラウンジを調べてみました。

海外空港のラウンジは、ハワイ・ホノルル空港を除いて、別途プライオリティ・パスPriority Passの申し込みが必要となり、早速申し込みをしました。

国内空港では、成田空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港、中部国際空港、福岡空港等で使うことが出来ます。

羽田第1ターミナル、羽田第1ターミナル、関西国際空港、ハワイ・ホノルル空港では、手荷物検査後・出国検査後の制限区域内でラウンジを使えます。

セゾン・プラチナ・アメックスカードに入会して感じたのですが、今後本家アメックス・プラチナカードを目指す方は、アメックス・グリーンアメリカン・エキスプレス・カード)やアメックス・ゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)を持ちつつ、インビテーションがアメックスから来るのを待って、その間はセゾン・プラチナ・アメックスカードを持つのも、十分ありかなと感じました。

今後レポートしますが、これだけのサービス内容で(まだ書いてませんが)、年会費21,000円、申し込み制です。
プラチナ・ステータスカードに興味がある方、セゾン・プラチナ・アメックスは、すべてのかたにオススメです。

詳しくは
【セゾン】プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。