--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年01月06日

●アメックスで硫黄島からの手紙

アメックスで硫黄島からの手紙

アメックスアメリカン・エキスプレス・カード)では、会員対象に映画の試写会メンバーシッププレビューを実施しています。

話題の「硫黄島からの手紙」の試写会もあったのですが、残念ながら僕は海外出張で参加することが出来ませんでした。

硫黄島からの手紙は、ご存知のとおり第二次世界大戦での出来事を映画化したものです。


10代・20台の中には、日本が戦争をアメリカとしていたことを知らなかったり、シンガポールが日本の植民地だったことを知らない若者って多いですよね。

ちなみに、シンガポールは日本統治下時代には、昭南島と名前を変えられました。

硫黄島からの手紙は、これから見る予定ですが、昔日本人がやったことを後世に伝えることが、われわれ中年の仕事なのかと感じています。

そんな意味で、硫黄島からの手紙には興味があります。

今日はいつもと違うトーンです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。